チャップアップって本当に効果があるの?
と、考えていらっしゃる方に見てもらいたいページです。

チャップアップの使用済み新旧ボトル

こんにちわ。わたしは(元)継続的なチャップアップ使用者です。
ちょっと気弱なリーマン、でも言うことは論理的という、一見害は無いですが、話せば話すほど旨味がでるスルメ人間だと自称しています。 30歳代後半にして、髪の薄いところがちらほら出てきていわゆるハゲになってしまう可能性が出てきたので、いろいろな育毛剤の中からチャップアップ購入して使ってみることにしました。

だいたい7ヶ月は使用しましたね。3本目の途中からチャップアップのボトルが変わって新しくなり、成分数も増えたので、より薄毛とオサラバできる!と期待して使い続けたのですが…。結論的に、チャップアップで育毛効果を感じませんでした。。

おそらくチャップアップの育毛成分が効果が出なかった一番の原因ではと考えています。 また、使ってみて良かったこともありましたし、購入前にはわからず、使い始めて初めて気づいた悪い所もあります。 そこでチャップアップに配合されている育毛成分の解説を中心に、購入前と購入後のチャップアップへの印象、他の人の口コミや7ヶ月間使い続けたの使用記をまとめてご紹介致します。 特に、体感記は、定期便で旧型と新型の両方を使った内容を記載しているので、どこがどう変わったのか?という内容もお伝えできると思います。

チャップアップを購入しようか悩まれている方は事前にご覧いただくことで、チャップアップを使った気には慣れると思いますよw
チャップアップ購入前にこういう人もいたんだ…という感じで、お気軽に参考にしてみてください。

買う前に思ったチャップアップが良いと思ったところ

チャップアップを購入する前には、もちろん色々と自分なりにリサーチはかけました。
チャップアップと、検索エンジンでサーチすると「チャップアップは効果がない!」「チャップアップをおすすめしている医師は胡散臭い!」などのネガティブな記事は少し気になってはいたのですが、育毛剤ランキングのサイトでは概ね1位ですし、薄毛のところに毛が生えたというクチコミ記事も多く見かけたので、両方を冷静に判断し、以下の4つが理由でチャップアップの購入を決意しました。

32種類の成分(リニューアル後は44種類になった)

ミノキシジルが配合されているので効果的!など1つの成分を取り上げている育毛剤が多い中、チャップアップは、ダントツの32種類の成分数の多さが印象的でした。購入前には「たくさん育毛剤成分が入っている方がどんなタイプの薄毛にも効果的かも」と思いましたし、使っている途中に44種類に増えてさらに効果が高くなるのかな?と気持ちにも…。しかし、この考え方がそもそも間違いだった気もします。。

1ヶ月で効果が現れるし、1日1回のスプレーで良い

いろいろなチャップアップに関するサイトや口コミ情報をみていると「1ヶ月で効果を実感!」という内容をたくさん目にしたので「自分も1ヶ月で効果が出るかも…」と思い購入の理由になりました。しかも1日1回スプレーするだけ。他の育毛剤は朝晩2回塗ることが多いので、半分の手間で済みます。
しかし、改めて同じサイトをよく読むと一ヶ月使い切っていないサイトが多かったです。使用頻度もパンフレットをよく見ると、結局は1日2回は必要なようです。恋は盲目ではないですが育毛剤は、やはり客観的かつフラットに評価しないといけませんね。。

全額返金保証書というのがありがたい

育毛剤業界初の保証書付き育毛剤という触れ込みでチャップアップが紹介されていました。この保証書があると30日以内に申し出れば全額返金を保証してくれるということです。実際購入後に賞状で使うようないい紙に印刷された保証書が同梱されていました!

医薬部外品に認定されていて、副作用もなさそう

ミノキシジルの様な強い育毛成分ではなく自然由来の育毛成分を大量に配合しているので、副作用が少なさそうという印象を受けました。実際調べてもチャップアップで副作用がでたというサイトはごく一部を除いてなかったです。もちろん自分も副作用が出ることはありませんでした。

5つの事実 その1

使いはじめてからイメージと違う事実が次々と…

ところがチャップアップが届いて使いはじめてから、早くも1ヶ月経つかたたない位で当初のイメージと違うことがたくさん出てきました。。この段階で気づいても返金保証の対象外なんでそのまま、継続しなければならないという義務感もあり、定期便使用で、7ヶ月チャップアップを使い続けましたがやっぱり育毛効果は実感できませんでした。。

1一ヶ月では全然効果がない

広告には「30日で実感!生える育毛剤」とか「30日で効果がなければ全額保証!」と自信満々と記載されていたのに、実際私が使ってみたところ、生えないどころか、抜ける毛の量も、頭の状態ともに、なにも目に見える変化はありませんでした。1日1回用法通りを守って忘れることなく、スプレーし続けていたのですが、期待できる効果はなにもありませんでした。

2噴射スプレーが拡散して液ダレする

液体が広範囲に拡大するスプレー方式なので、必要以上に拡散して自分が当てたいところになかなか当たらないという現象が起こっていました。しかも、噴射の威力が弱いので、頭皮に密着せず、液だれして頭皮がベタベタになってしまうことが多かったです。ただし、リニューアルされたボトルは結構な威力のノズル型に変更されたので、このがっかりポイントは解消されて安心しました。

3無香料のはずなのに、なぜか匂いがする

チャップアップの特徴である「無香料」は、外出が多い私にとって、非常に安心して使えると思ったポイントでした。しかし、実際使うにあたって液を手にとって見ると、意外と匂いが漂います。それはずばりアルコール臭。アルコールの含有量が多いせいでしょうか、確かに香料っぽい匂いはしませんが無香料=匂いがしないというわけではないのですね…。なぜ匂いが多いのかさらに詳しく調べています。

4継続利用すると値段が意外と高かった。

7ヶ月に渡って継続的に利用した結果、1ヶ月あたりの費用で考えるとチャップアップはかなり高い方の育毛剤でした。買った時は、通常価格の56%割引という割引率とサプリもついてるしお得かもと思ったのですが、よくよく考えてみると単純に毎月支払う額が他の育毛剤では高くても7千円台に対してチャップアップは9千円台と3割位高い価格になってしまいます。

と、まあ一ヶ月どころか7ヶ月間使い続けても、結局私の髪の毛は取り戻せなかったわけですが、そこで話は終わらない。
定期便を使う上では絶対通ることができない意外な落とし穴が…。みなさんも使うときには注意してくださいね。

2全額返金保証は実質30日未満で気づいた時にはもう遅い

1ヶ月で効果を実感できなさそうだったので全額返金保証制度を利用しようとしたのですが、よくみると適応期間は「商品注文後」30日以内なんですね。普通商品到着後では。。しかも、注文完了後3営業日以内を目安に発送と書いてあるので、運悪く金曜日の晩に注文した方は、一番遅くて6日後になってしまい、実質24日程度になってしまいます。。 あと、保証書をなくすと返金してもらえない様です。他の育毛剤はなしでもOKなので、保証書があることで返金の手間が増えるという感じです。がっかり。。

5解約時のコールセンターの対応が衝撃的…

チャップアップの定期便を解約するときは、必ずコールセンターに電話連絡しなければいけません。7ヶ月ほど経って継続を断念し、定期便の解約のため電話したところ、普通に対応してくると思いきや、ちょっとびっくりしてしまう衝撃的な応対をうけました。その内容は短く書けませんので下のページをご覧ください。

使用を断念した今、なぜ、チャップアップを利用して効果がなかったのか理由を考えてみました。
そこで見えてきたのは、カタログスペックだけで考えるのではなく、成分の中身、構成や、実際の髪の毛が薄毛になる原因や回復までのプロセス、そして実際の他の使用者の評判などをしっかり調べてから判断しないと、結局納得いかない結果になるのでは?という結論に至りました。 本当に今思うと、なぜ購入前にここまで考えていなかったのか…と悔やまれるのですが、自戒の意味も込めて、私が自分で調べたチャップアップがなぜ効果がなかったか、また、自分で納得できる育毛剤はどうやって選べばいいのかを個人的にまとめた記録集となります。ご購入を検討されている方、ご興味のある方はこの後もぜひご覧ください。

5つの事実 その2

そもそも30日で薄毛を取り戻す効果は理論的に可能なのか?

チャップアップは「30日で実感!」「一ヶ月で取り戻す!」と使用者の期待を極限まで高めてしまう広告に惹かれた方も多いのではないでしょうか?
実際私は1ヶ月では何も変化がないほど、効果がなかったわけですが、これが私だけのことで、ほかの人は30日で実感できるのか、そもそも理論的に薄毛を回復することが可能なのか調べてみました。

同梱の説明書での表現、また、育毛理論的にも30日で効果が出るとは考えにくい

結論からいいましょう。育毛剤で30日で効果を出すことは、現実的にはかなり難しいことなのではないでしょうか?
なぜかといえば、まず一つ、購入後にチャップアップの本体と共に送られてくる同梱の説明書にあります。その中の一節「利用者の経過日ごとの毛髪の変化」という項目には、小さい文字で「チャップアップの継続使用で効果が出るのは3ヶ月頃からです」と書いてあります。つまり、公式にも30日でなんらかの効果がでるのは考えにくいと認めているわけですね。
また、客観的に髪の毛の生え変わりを表すヘアサイクル理論から見ても、30日という期間は髪の毛にとって非常に短い期間であるといわざるをえないでしょう。引用元のページを見ると、成長する期間は4~6年、成長が止まる休止期においても数ヶ月と、数年単位のかなり長いスパンがかかるものと定義されています。またその成長のタイミングも一律ではなく、一本一本違いますよね。人間の髪の毛は総数10万本以上あるといわれていますが、その成長タイミングをすべて揃えて、チャップアップのいう30日のスパンで成長させるのはかなり無理があるとお分かりいただけると思います。チャップアップの広告にある言葉は、あまり真に受けることはしないほうがおすすめです。

5つの事実 その3

チャップアップの配合成分は本当に有効なのか?

チャップアップは合計44種類もの育毛に有効な成分が入っていることが大きな特徴ですね。
「数は力なり」といわんばかりの多さになんとなく効きそうという期待感も出てきますし、とにかくインパクトのある数字と言えるでしょう。
しかし、実際に使って効かなかった立場からして、これらの成分が果たして本当に効果があるものかと、疑問が湧いてきてより詳しく調べてみることにしました。

公的に認められている有効成分は3種類だけ。あとは効果の実証はなされていない。

チャップアップは、公式にも書かれている通り、医薬部外品として、厚生労働大臣の承認を受けた育毛剤です。
しかし、医薬部外品においては、配合されている成分において、効果が公式に認められている成分名を「有効成分」として表記することになっています。
これによって効果効能をアピールすることができるわけですが、チャップアップにおいて有効成分と表記されているのは、全44成分中「センブリエキス、グリチルリチン酸、塩酸ジェフェンドラミン」の3種類だけ。この成分は大抵他の育毛剤にも入っているものばかりです。あとの41種類は、公に効果があると認められているわけではなく、具体的な数値データも見当たりません。あくまでチャップアップが「独自の見解」で配合した成分に過ぎないわけです。ちなみにその41種類の成分のほとんどは、アミノ酸13種類といった栄養成分や、○○エキスといった薬草や海藻など、一見育毛からかけ離れた薬とは思えない天然成分から抽出された成分ばかり。それぞれ血流改善、皮脂の過剰分泌防止など、配合目的はざっくり書いてありますが、例えばミノキシジルといった臨床試験で認められた成分で発毛剤と売られているものもある中で、天然抽出成分で占められているチャップアップが非常に頼りない存在に思えてきます。

もうひとつ、言及しておきたいのは、これだけ成分が入っているのはいいけれど、「一成分あたりの濃度はどれくらい入っているのか?」が開示されていません。いくら数が多いからといっても、その濃度がそれぞれ薄ければ、結局それは水と変わりません。匂いのページでも書いたようにアルコールも多分に含まれていることから、それと水分を差し引いて残り44種類は一体どのような濃度で配合されているかぜひ知りたいところです。

医薬部外品はあくまで「緩やかな改善」が期待できるもの。医薬品のような劇的な効果は期待できない。

さらに、チャップアップが承認されている医薬部外品についての法律上の定義についても詳しく調べてみると、薬事法第2条第2項には、人体に対する作用が緩和なものとされており、そのハ項において脱毛の防止、育毛又は除毛と書かれています。つまりどういうことかといえば、人体に対する作用がおだやかなものでなければならず、例えば病気が治るというような劇的な効果があるような製品はそもそも該当しないどころか、法律違反になってしまいます。

この「緩やかな改善」というのはどの程度の状態を指すのか法律上では明記されておらず、諸説あるのですが、どうも「防止・衛生」の範囲に留まるものであるようです。育毛剤においては、「髪が生える」という効果よりも「髪が抜けるのを予防する、もしくは今ある髪を育てる」という効果にとどまるものだと思います。成分のことについては、以下のページでそれぞれ詳しく書いてみましたのでご覧ください。

5つの事実 その4

両極端に分かれるチャップアップの口コミその真実は?

ここまで、成分、効果など、あくまで私なりの見解で調べてきましたが、これが全て当たっているとは限りません。もしかしたら効かないのは私だけかもしれませんし、いくら見えない事実があったこそすれ、効果が出れば一番良いのですから。そこで、実際に他の使用者の方はどのように効果を実感しているのか、詳しく調べてみました。そこで見えてきたのは、極めて両極端な意見の相違。なぜそうなるのか調べていくと、その裏側が見えてきました。

チャップアップを宣伝しているサイトには販売価格の報酬が支払われていた

育毛剤についていろいろと調べ物をするとき、まず多くの商品から良さそうなものを探すのが「ランキングサイト」であったり、その商品についてさらに詳しく調べたいと思ったら商品名を入力すると、口コミ情報や体験記といった類のページが出てくると思います。 そんなページには、大抵「公式サイトへ」「くわしくはこちら」といった文言とともにチャップアップのサイトへのリンクが設定されていることが多いです。

実は、チャップアップを賞賛しているサイトのほとんどのリンクには隠された秘密があります。それは、アフェリエイトと呼ばれるシステムによって、このリンクを通して購入が合った場合、サイトの運営者に報酬が支払われるというシステムがあります。その金額はなんと1件5400円という高額なもの。一番大きく宣伝している定期便の価格が9090円ですから、実に6割近くの金額がサイト運営者への報酬へと流れているわけです。一体商品の原価はいくらなんだ?と疑りたくもなります。また、運営者にとってはこれだけ高額の報酬を払ってくれるわけですから、それは賞賛したくもなります。私もこのからくりにもっと早く気づいていれば…と後悔することしきりです。

このリンクの見分け方は簡単で、公式サイトへのリンク先のURLがチャップアップのURL(http://chapup.jp/)でなかったらほぼ100%アフェリエイトリンクといっていいでしょう。中には巧みに偽装されていることもありますが、ページの読み込み途中でバナーが出てきたりするので、判別は慣れれば比較的簡単であると思います。

反面、Yahoo知恵袋などのそもそもアフェリエイトのリンクが貼りにくい口コミ情報は、金銭的なバイアスがかかっていることは少ないですし、チャップアップに対して否定的な評価を下しているページには、公式サイトへのリンクすらついていないことが多いです。一部には他の育毛剤へのアフェリエイトリンクがついていることもありますが、、それでも報酬目的で掲載しているわけではないということはわかりますね。この口コミに関する意外なからくりには調べていくとさらに興味深いことがわかりますので以下のページをじっくりご覧ください。

5つの事実 その5

納得できる育毛剤選びのひとつの指標は「公的な認証」にあった

ここまで、一継続利用者の立場から、チャップアップについて様々な側面から、経験談を交えて書いてみましたが、私はなにもチャップアップを使うな!とは断言しているわけではありません。実際のところ、薄毛の症状が人それぞれ違う以上、私が効果がなかったとしても、他の人が効果があったということは全然考えられますし、その逆もしかりです。 使ってみなければわからないということしか言うことはできません。

感じてほしいことは、たとえ効果がなかったとしても、その結果をきちんと受け入れられる納得できる育毛剤であるかということ。私のように後悔だけが残ってしまうことがないように、最後に私が感じたチャップアップをおすすめできる、おすすめできない人の見分け方、そしておすすめできない人にはどのような基準で育毛剤を選べばいいかお伝えしたいと思います。

まだ薄毛になりたての人にはチャップアップはおすすめできる

「最近髪の毛の量が少し減ってきたなぁ」とか「親もはげているし、そろそろ予防目的で使ってみようかなぁ」と思う人にはチャップアップはおすすめできると思います。チャップアップは緩やかな効果は認められている医薬部外品で承認されているので、この程度の改善効果は見込めるのでは?と思います。

髪を生やす必要がある薄毛状態の人にはおすすめできない

反面、医薬部外品である以上、髪を生やすという効果まで保証されているわけではありません。例えば地肌が見える状態になっている部分があるなど、進行がそこそこ進んでいる薄毛には効果があまり見込めないのでは?と思います。 あくまでも「予防・衛生」という観点で自分の薄毛の状態と照らしあわせてみて、これは予防どころではない、髪を生やさなければならない!という状態であれば、使うことは見合わせたほうが良いかと思います。 くれぐれも「30日で効果が!」などの鮮烈な宣伝文を過信するのは禁物です。

客観的に成分の信頼性が証明されている育毛剤を選ぶと効果は高く見込める

成分のカテゴリでも詳しく紹介しましたが、チャップアップの配合成分は数こそ多いけれど、そのほとんどは有効成分として公的に認められているわけではないということをご紹介しました。やはり育毛剤は成分が命。本当に納得できる育毛剤であるかどうかを調べるために一番に考えなければいけないことは、その成分が客観的に見て効果があると認められているかということをしっかりと調べていく必要があるのではないかと思います。

それはどういうことかといえば、「公的な認証」をうけているかということです。緩やかな効果しか見込めない医薬部外品以上であることは当たり前、臨床試験等でしっかりと改善データが公表されていて、明らかに効果を期待できる医療用医薬品、第一類医薬品であったり、医薬部外品であっても、特許や学会などで、公的なお墨付きのある成分が入っている育毛剤を選ぶことが選んでいく上での一つの指標であると思います。その上で、今の薄毛の症状に合う成分であるか、商品代金を毎月払い続けるお金があるか、塗布回数や液体の質は体質に合っているか、副作用はないかなどを、あくまで自分自身のライフスタイルに沿って多面的に検証していくことが必要です。そこには他人の口コミや体験談は入る余地はあまりないと思います。

以下に私が提唱する「公的な認証」を受けている育毛剤とチャップアップを比較してみました。あなたの育毛剤選びの参考にぜひご覧ください。もちろんアフェリエイトリンクは一切ついておりません。