チャップアップは無香料なのに、匂いがする理由

チャップアップを手にとって匂いを測る

チャップアップのサイトを見ると「香料・着色料・鉱物油・石油系界面活性剤・パラバン・紫外線吸収剤・シリコン」が含まれていないと記載されています。無添加というワードはオーガニックブームの今、「健康で安全で体にいい」というイメージがあり、チャップアップにもいい印象を持ちました。 無香料というワードもやはりイメージは良かったです。

私のイメージなのですが、育毛剤って独特の匂いがきついというイメージがあって、小さい頃おじさんの家にいくと、風呂上りに髪の毛に液体を振りかけて、クシで髪の毛を梳きながら、鼻につーんとくるにおいを振りまいて、牛乳を飲んでいるという印象がありまして。。それ以来、育毛剤=においがきついという印象があり、育毛剤のにおいには結構敏感になってしまったんです。

チャップアップは無香料なのに実はツーンという匂いがある

無香料ということもあって購入したチャップアップ。 使用前にチャップアップの使い方的な同梱物をみて「1日2回の使用」と書いていた時は、「あのおじさんの匂いを振りまきながら朝電車に乗らないといけないのか…」とテンションは下がり気味になりました。

しかし、「無香料だから大丈夫か!」とすぐに安心。無香料は使うシーンを選ばないからいいですね! 同梱物をひとしきり確認したあと、チャップアップの筆下ろし。最初の1プッシュをした時にわたしはすぐに気づきました。「あの、おじさんの匂いするじゃないか…」

無香料ではあるものの、鼻にくるツーんという匂いは健在。チャップアップは無香料でも結構匂いがします。 のちにポリピュアやリアップを使ってみてわかったのですが、それらの育毛剤よりも、チャップアップは匂いがきつかったです。香料は入れていないけど匂いが強いことってあるんですね。

ツーンという匂いの原因はアルコール

無香料なのに、この匂いのきつい成分の正体は?と考え、その時のおじさんに当時何という育毛剤を使っているかを聞いてみました。すると、育毛剤ではなく、ヘアトニックを使っていたということです。 ヘアトニックは銭湯や旅館に置いてある頭がスッとする液体ですね。かゆみを防ぐためによく使われていたそうですが、ヘアトニックをいろいろ調べてみると、基本的には、水と香料とアルコールで作られているということがわかりました。

チャップアップは無香料ですので、ヘアトニックに含まれる香料と同じというわけはないですね。となると、アルコールが鼻にツーんとくる匂いの原因ということがわかりました。 ちなみに、よく嗅いでみるとリアップもポリピュアも同じ系統の匂いがし、成分を調べてみるとどちらもアルコールを含んでいました。つけた時に匂いのきつさは全然違ったので、チャップアップはおそらくアルコールの量が2つの育毛剤よりも多いのではないかな?と思います。

匂いがきついということは育毛成分が薄い可能性がある!?

新旧チャップアップに入っているアルコール、エタノール成分

育毛剤は基本的に、「水+育毛成分+頭皮保護成分+保存料(アルコール)」という構成でできているようです。。 これらの構成をうまく組み合わせたり、中の成分を差別化する事で育毛効果を最大化する様に、各社が日夜研究し商品をリニューアルしていることになります。

素人でもわかる話ですが、育毛効果の高い成分を高い濃度で配合する事が育毛効果が実感できる育毛剤になると言えます。ですので、限りなく水もアルコールも少ない方がいいというのは当たり前ですよね。

もちろん、実際の濃度チェックなどは専門家でないと難しいですし、各社濃度について発表している訳ではないですが、チャップアップは他の育毛剤よりもアルコールの匂いがきついので、アルコールが占める割合が多いのでは?と感じました。(あくまでも複数育毛剤を試した使用感からの感想です。) アルコール濃度が濃いということは、その分、配合されている育毛成分が低いということなので、育毛効果が薄いのでは…?ということですね。

信じるか信じないかはあなた次第ですが、実際わたしはチャップアップを7ヶ月利用して育毛効果を感じることができなかった事を考えると、あながちこの予想は外していないのでは…?と思います。