医薬部外品は実は効果を認証しているわけではない

チャップアップのボトルにある医薬部外品表記

医薬部外品と聞けば、「なんだか効果がありそう!」と薬がわりに考えている人がいらっしゃると思いますが、医薬部外品は効果を実証している訳ではないことがわかりました。

以前チャップアップの広告では,「厚生労働省認可」という文言がでかでかとサイトに記載され、国からもその効果が認められているような記載が過去されていましたが、実は出回っている育毛剤のほとんどが厚生労働省に認可されて販売されている商品です。

では、医薬部外品とは一体なにで、なぜほとんどの育毛剤が厚生労働省認可の育毛剤になるのかをご紹介します。

医薬部外品は効果を認証している訳ではない理由

育毛剤は厚生労働省にて化粧品という扱いで分類されているのですが、その化粧品の中で国が認めた効果を示す成分を含んでいると薬事法に則って医薬品などにランク分けをされています。

大きくは化粧品・医薬部外品・医薬品の3つに分類されます。
医薬品は、病気や疾患を治す効果があるもので、厚生労働省から認められた成分が配合されていると医薬品になります。ちなみに液体の育毛剤で医薬品と呼べるものは、ミノキシジルという成分を含んだリアップX5のみです。こちらは臨床試験などでしっかりと人体にもたらす効果について、検証が行われているので、「発毛効果がある」とはっきり断言することができます。

化粧品は、状態を清潔に保つ目的で使われる製品になります。「ダメな状態からよくする」という効果はないので、もたらされる改善効果について言ってしまうと、直ちに薬事法違反になってしまいます。

医薬品と化粧品のちょうど間に位置するのが医薬部外品です。人体に対して緩やかな効果を期待できるものが医薬部外品に分類され、厚生労働省が認可した商品が医薬部外品と名乗ることができます。また、生産する工場についても医薬部外品を製造できる設備が整っているかどうか審査があるようです。
リアップ以外のほとんどの育毛剤は医薬部外品ですので、パッケージに「医薬部外品」や「薬用」と書かれてます。薬事法でパッケージに明示する義務があるので記載されているようです。もちろん、効果の表現方法にも制限があり、あくまでも緩やかな効果しかないので、例えば「塗るだけで髪が生える!」とかはっきり書いてしまうと違反になるようですね。

リアップは第一類医薬品なので、「発毛効果がある!」と訴求できますが、医薬部外品であるチャップアップは「30日で効果がある!」と訴求すると薬事法違反になるみたいです。ちなみに「チャップアップ 薬事法」と検索すると、わんさか「薬事法違反だ!」という記事がでてきますが、これは医薬部外品なのに効果をはっきり訴求する内容が広告に掲載されていたからですね。。

日本で最も有名であろうyahoo知恵袋のチャップアップに関する書き込み

なぜほとんどの育毛剤が厚生労働省認可となるのか?

ここまでご覧になっている方ならご理解いただけると思いますが。。

ほとんどの育毛剤は医薬部外品認定されています。(たまに化粧品扱いのものもあるので購入前にはパッケージやサイト内の表記をよく御確認ください。)緩やかな効果(トップページでも書いた防止、衛生の範囲)を期待できるということですね。医薬部外品は、厚生労働大臣の承認が必要ですので、医薬部外品であるということは、どの育毛剤も厚生労働省の認可を受けたということになります。

以前はよく「厚生労働省に認められた!」と記載されていたのですが、これはほとんどすべての育毛剤に言えることであり、わざわざこの様に記載するべき内容ではないということですね。。BUBKAのM-034成分に乗っかってみたり、厚生労働省の名前をあえて出してみたりと、ある意味なかなか戦略的であるということもできます。

実際7ヶ月使ってみて気づかなかったことが使用をやめて振り返ってみると、医薬部外品は実は効果を認証しているわけではなかったりということが見えてくるので、チャップアップ使用前の方はきちんと勉強してから判断していただければ運営しているわたしとしては本望です!